愛されるために生まれてきた

愛する人を亡くして 愛されていたことに気が付きました。

コロッケ。

昨日仕事の帰りに買い物をしました。

日曜の夜は少しいつもより贅沢をしてもいいことにしています。

でも、買いたいものが売り切れてしまっていて、

とりあえずコロッケを買うことにしました。

ショウケースに入っていて、おそらく3段ぎっしりに

並べられていたであろうコロッケは、

3段合わせても、残り5~6個しか残っていなかった。

その内の一番上の段にあった3個のコロッケを

トングで挟んでパックに入れ輪ゴムをしてかごに入れました。

なんとなく、待っている人の気配を感じて、

トングを戻して、扉を閉めたら、

気配の人が、扉を開けて、2段目の棚に1つだけあったコロッケを

トングで挟んで、ナイロン袋に入れた。

 

ななめ後ろからその男性を見たら、

高校一年の時に同じクラスだった同級生の男子だった。

しかも、高校一年の時に一番好きだった男子。

私を見ても気が付かなかったと思う。

憶えていないと思う。

 

久しぶりだけれど、実は正確には久しぶりではない。

もういつだったか忘れたけれど、

ここ一年以内だったと思う。

私は閉店になる前の、以前の職場に勤めていた時、

一度だけ彼を見かけたことがある。

『ああ、地元に住んでいるんだ。』

と思って、懐かしかった。

その時彼は、

商品券を買いに来ていた。

『お熨斗はどうされますか?』

と同僚が尋ねたら、

『粗供養で名前は○○でお願いします。』

と答えていた。

彼に間違いなかった。

もう、40年以上振りだった。

でも、私のことは憶えていないだろうし、

こちらを見たわけでもなかった。

 

それから、今回のコロッケの件まで、

会うことはなかった。

コロッケを一つだけ買ったことが

気になった。

私は一人暮らしだけれど、

3つ買った。

一つだけ買うってことは、

一人で食べるのだろう。

 

それと、以前の

『粗供養で』

というのが重なって、

なんとなく悲しい気分になった。

何でもない事なのに

ありがちなことなのに、

一人で彼のことを勝手に想像してしまった。

 

本当のことは、

永遠に分からないと思う。

もう、偶然でも

会うことはないかもしれない。

 

おじさんになっても、

八重歯があって可愛かった。

変わっていなかった。

どんな人生を歩んできたかも、

これからも知ることはないだろうと思う。

お互いに。

 

そう思う。