愛されるために生まれてきた

愛する人を亡くして 愛されていたことに気が付きました。

田中裕子ではない人。

『田中裕子』ではない人を

ずっと探していました。

 

浮かんだのは、

大谷直子

熊谷美由紀(あえて松田ではなく)

石田ゆり子

山口百恵

余貴美子

 

やっぱり

余貴美子

読んでいる時のイメージは、

余貴美子

決め手は、

『いつでもよだれが出そうな口元』